コーヒーで便秘になる?

コーヒー 便秘

カフェインを含む飲み物の代表と言えばコーヒーです。良い香りと渋みで気分転換になる良い一面もありますが、実は体にとってはマイナスとなることも。実はコーヒーに含まれるカフェインは腸のぜん動運動を抑えてしまう働きがあります。

 

そのためコーヒーを飲み過ぎてカフェインが過剰になると、お通じの妨げになることがあります。適量なら問題はないのですが、1日に何杯も飲む方は要注意です。

 

コーヒーが便秘の原因と思う方は少ないので、意外と気づかない場合が多いです。腸の動きがスムーズではなくなるとむかむかする、胃腸の不快感として出ることが多いです。

 

コーヒーの利尿作用が便の水分を奪うことも

コーヒー 便秘 利尿

コーヒーで水分を摂ったつもりでも、実は潤ったのは喉だけで体はかえって水分不足になるケースも多いです。これはコーヒーの持つ利尿作用が原因です。

 

確かに水分はいったんは体に入るので、短時間で見ると水分が多くなります。しかし利尿作用によって尿が排出されやすくなってしまいます。すると結果的に腸内の水分が不足し、便がカチカチになって便秘になってしまうのです。

 

水分を補給しているつもりが、かえって便秘を引き起こしやすい環境を自分で作ってしまっているのです。便秘がちの方は体に浸透する水分を意識して摂取するようにすると、水分量をキープできるでしょう。

 

コーヒーのタンニンが腸内細菌の働きを抑えてしまう

コーヒー 便秘 腸内環境

コーヒーに含まれる成分としてもう1つ多いのがタンニンです。タンニンは腸内にある程度とどまることで腸内の善玉菌を食べてしまうのです。善玉菌が少なくなれば、必然的に悪玉菌が自由に活動できてしまうという良くない環境になります。

 

コーヒーのタンニンは一過性ですので、たまに飲むくらいなら大きな問題にはなりません。しかし、

 

  • 毎日の習慣となっている
  • 何杯も集中して飲む

 

ということが続くとタンニンが腸内に残ってしまう時間帯が多くなり、善玉菌を食べてしまう割合がぐっと増えてしまいます。そうなると腸内環境が崩れて便秘になってしまいます。

 

もちろんこれらのコーヒーの作用は、すべて飲みすぎてしまっている場合の作用です。適量であればコーヒーは健康効果も高いので、上手に付き合っていきたいですね。

 

人気の便秘茶はどれ?

便秘 お茶 一覧

▼あなたに合った便秘茶が見つかる▼

便秘 お茶 ランキング

 

>> 【便秘のお茶ランキング】お通じ1週間チャレンジ!  TOP